読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱいぱいにっき

Pythonが好きすぎるけれど、今からPerlを好きになりますにっき

衝動とは

いつも通りマコピーですが今回は趣を変えて、衝動に任せて文章を書き連ねてみたいと思うのでございますが、さて衝動とは一体なにかという問いに対して僕はスッポリとはまる言葉を持ちあわせていなくて、それでも「同人小説家」かなんてなぶられることもあるわけでございますが、世の中言葉にならないみたいなクサいことはたくさんあって、衝動なんてのも英英辞典に乗り得ないような言葉の一種なのかなと思っていて、たぶんみなさんの思っている衝動と僕の抱えている衝動は全く別のものだと思っていて、ここまでこんな臭う文章を読んでいただいた方には頭の片隅に言葉に結びついたイメージを切り離す動作を焼き付けていただければ万が一僕の言葉が届くかなあとか思っているおこがましい文章なわけでございますが、さて世の中いろんなことがあって、人生もあって、ここで人生論なんて言うものを振り回すわけではございませんが、最近僕は人生って自然との駆け引きなんだなあと思っていて、周りにつらいことがあると人間〜って言ってるおじさんもいるわけですが、そういうつらいことがあったときに僕なにしているかと思うと、自然の摂理〜とか思っていて、あれもこれもただの物理法則で動いているんだ〜とかラプラスの悪魔的なことを考えているわけですが、ラプラスの悪魔はたぶんこれはてなキーワードになっていると思うんですけれど、考えつかれたときははぁ〜俺ら物理法則〜とかたぶん物理学者の人たちとか唯物論の人たちとか思っていたわけで、神はサイコロを振らないなんてかのアインシュタインさんも言ったわけでございますが、さて今ではとりあえずサイコロを振っているようにみえるらしく、ラプラスの悪魔的なモノがいたとしてもそこで計算が狂っちゃうわけで未来予測なんてものは出来ず、あいつ自然じゃね〜とか思っているんですけれど、サイコロすらも自然なわけで、気まぐれな現象とか、サーバとか、電子パーツとか、斜めに叩くとちゃんと点くようになる我が家の風呂場の電気とか、そういうのも自然なわけで、たぶん量子的な何かが関わってくるんでしょうけれど、猫が半分死んでて生きてるのもこれまた自然なわけで、そうやってなんでもかんでも自然現象だと思っていれば、衝動も静まるのかな〜とか思って、本当にちょっと静まってきたわけですけれど、なんかちょっと待てよ自分も自然現象!?と感じて、それは虚無だな〜むなしいな〜とか、そこは勘弁して下さいよ〜って思っちゃうし、観察している俺も自然だとループするで〜〜りかーじょん〜〜〜〜〜〜〜とか思っちゃって、らちがあかないのでこればかりは公理として組み込もうかなあとか思ったらいろいろこの理論は崩壊しちゃってはぁ、情けねえとか思っちゃうわけですね。

いいことばかりあって、ひとつの悪いこと、ひとつのいたずら、ひとつの感情だけで全てひっくり返る。
そんな世の中、糞食らえだと思うけれど、とりあえず自然の摂理だと思って乗り切ろうかなと思うし、僕なんてのは推測するな、計測しろなんて言ってますけれど、推測することが結構多くてなんでかっていうと常に最悪的な状況なのを考えていて、それは結局のところ自分だけしか見えてないんですけれど、だから不便なんですけれど、不完全な人間ダナーって思っていますね、はい。

明日のコミケ、倒れないように頑張りまする。